アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年9月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

レジスターの中でも最近多くの店舗などで利用されているのがPOSレジです。
POSシステムを使ったレジのことで、売上げ時のデータが即座に反映されるレジのことです。
リアルタイムに商品の売れ行きをチェックすることができて、データは蓄積されて様々な面から利用することができます。
スーパーやコンビニなどの小売店から、飲食店やアパレルショップ関連、ガソリンスタンドやホテルなどのサービス業など、様々なところで使われています。
会計時のレジだけではなく、飲食店の注文時のハンディーターミナルなどとも連携していて、注文からオーダー、会計までを1回の登録作業で終えることができます。
季節や天気、その時の状況に応じた売れ筋商品を調べたり、それによって発注数を変えるなど、あらゆるところでデータをいかすことができます。

POSレジもレジスターの一種ですが、シンプルな会計処理と集計機能しか持たない従来型のレジ製品とは大きく異なっています。
大きく違うところは、リアルタイムで商品の売れ行きを瞬時に把握する事ができるという点です。
主にパソコンなどで管理されているため、商品などの動きを常に把握することができます。
また、1単位の商品ごとに売れ行きや販売数などを調べることができて、データが細かく蓄積されています。
また、顧客情報と連動していれば、どの年代層にどのような商品が売れているなどの、顧客ベースでの販売分析を行うことができます。
ほとんどの工程が自動で行なうことができるので、業務の効率化やミスの防止、売上げ向上などに役立てることができます。

POSレジでは、いつ誰が何を何個買ったかを逐一調べる事ができます。
これをデータとして蓄積することにより、販売予測を立てるのに役立ちます。
あらゆるデータを蓄積することができるので、発注システムや顧客管理システムなどと連携させれば、詳細で多角的なデータを分析することが可能です。
季節や天気による売れ筋商品などを予測することができたり、年代別の売れ筋商品を把握することもできます。
寒い時期には温かい衣類が売れたり、鍋のつゆが売れたり、シチューなどのメニューがよく出るなど、様々な点からデータ分析を行なう事で、将来への売上げアップに繋げることができます。
データを集めてそれを活用し、それが経営戦略にも繋がります。

オススメリンク

経営の手助け

お店の経営において最初に導入が考えられるのは、顧客とのやり取…Read more

電化製品

しかしPOSレジを扱っているサービスは、巷に溢れているのが現…Read more

関連リンク